環境処理プラント運転管理のスペシャリストが人と地球にやさしいビジネスに挑戦しています。

>
>
社長ごあいさつ

社長ごあいさつ

 

外航船員の陸上展開、職域開拓を目指して、会社としてのスタートを切ったシンキですが、既にその歴史は50年になろうとしています。

 当時の日本人外航船員の高い技術力を生かして、ビル管理・船舶ボイラ整備などに活路を見いだし、現在の基幹業務である環境衛生プラントの運営保守に携わってからは既に40年近くになります。

 

 2019年秋には、長く親会社としてご指導いただきました川崎汽船様より、川崎重工業様に一部のシンキ株式が譲渡され、今後さらにその比率が高まって行くことが現実として視野に入ってきております。

コロナ禍であっても、地震や台風といった天災に見舞われても、しっかりと責務を果たしてくれる、エッセンシャルワーカーとしての弊社現場技能職の高く確かな技術力と心意気が、川崎重工業様からの評価につながったものと確信しています。

 

我々シンキの将来と「安全」「安定」「安心」の運営保守を確かなものとしてくれている、現場技能職を確保し、技能継承を図り、研鑽を図っていく事は人手不足の昨今、厳しい現実となっていますが、シンキの最重要最優先課題として今後も取り組んでいく所存でおります。

 

 事業環境の変化には柔軟に対応していくのはもちろんですが、ステークホルダーの皆様がシンキに求めることには変化はありません。長期にわたる運営保守、確かなメンテナンスの達成を現場従業員と共に成し遂げていくことにつきます。

 求められる企業であり続けるために、答えをお示しできる企業であり続けるために、現場第一を掲げて、今後もしっかりとお応えしていきたいと思っております。

 

           20211

 

      代表取締役社長  河合 道男